雑記


この記事も3度目です。
板垣恵介氏
言わずと知れたバキの作者、バキも終了予定のようで別チャンを逃すと復活するかもしれないといいつつも、チャンスはしばらくないかもしれません。
キャラクター的にはオーガが希望ですが、雑誌ではバキしかみたことがありません。
この前のチャリティーでは花山でした。
入手難易度は看板作家だし高いだろう。
石黒正数氏
それ町でもフルットでもどっちでもかまいません。
フルットはチャンピオンでチャンスがあるものの、それ町の方はチャンスがあまりないです。
入手難易度はやはりチャンピオンの中では高い部類に入るだろう。
椎名高志氏
一応生原稿は入手していますが、やっぱり色紙もほしい。
美神でも絶チルでもどちらでもOK。
定期的なチャンスとしてはWHFのサンデーブースぐらいでしょうか?
カラー色紙しかみたことないですが、やっぱりカラーがほしいです。
あらいずみるい氏
ドラマガ以来チャンスを見ていません。
あきらめるしかないのか。
と今回も漫画家中心でした。
私の場合どちらかというと萌え系のイラストレーターさんより漫画家さんよりです。
そして依然として今まで紹介してきた色紙1枚たりとも入手できていません。
やっぱり人気作家というのもあるけど熱望するほど遠ざかっていく気がします。
なんか感覚で一生手に入らないんだなってのがわかります。
まぁ椎名先生や板垣先生の色紙は金さえ積めば手に入れるチャンスはあったけど、さすがにね。
関連記事
入手難易度S級!手に入れたいサイン色紙
入手難易度S級!手に入れたいサイン色紙part2

0

雑記


先日から開始しているキャンペーンだが、突如としてお店から消える事態に。
包装に不備があり撤去という形だそうだ。
当然再生産はなく今ある分だけで終了。
グリコに確認したところ、撤去はすべてのお店というわけでなく、店の人が確認し、包装に問題なければそのまま販売を続けているそうだ。
私の行動範囲のお店を確認したところ10件中1件しか販売されていない。
おそらくメーカーから撤去命令が出れば、大多数の店で確認するまでもなく処分だろう。
このままではかなりの当たり棒が消失し、ただでさえ確率が低いのにさらに絶望的な確率となってしまうのは明白だ。
A賞1000、B賞500から当たりが7~8割消失したと考えるとそら恐ろしい確率になってしまう。
B賞なんてプレミアムアイテムもいいところである。
気になる今後だが、今現在検討中で別のキャンペーンなどで救済はするかもしれないということだったが、はっきりいって期待できないだろう。
一応今現在の賞品は絶賛配布中なので、別のキャンペーンが始まっても同じ賞品となるかは全くわからない。
先の記事ではちまちま買って云々述べたが、こうまで取り扱い店舗が減ってしまっては、自力ゲットを目指す人は見つけたらわずかな望みにかけて全力買いしておいた方がいいのかもしれない。
※全力買いはあくまでも自己責任で
最後に余談だがB賞の方がほしかったりするのだが、実物は案外しょぼいような気がしてならない。
関連記事
ジョジョ×グリコのアイスキャンペーンの確率

0

雑記

すみません。またジョジョネタです。
当たり棒を応募してそこから抽選かと思いきや、公式のツイッター発言が正しかったようで、当たりがでれば必ずもらえるようだ。
つまり初めから当たり棒の数は1000本、500本と決まっている可能性が高い。
そこでざっくり確率を計算してみた。
まずA賞。
1000名様なのでとりあえず47で割ると1県あたりたったの21本。
実際はコンビニ店舗数の多い関東圏に多くいくと思われるので1県あたり十数本といったところだろうか。
これをコンビニの数で割ると1本も当たりがない店の方が圧倒的に多くなる。
さらに単純な当たり本数を全国コンビニ店舗数のおおよそ45000(売ってない店もあるので40000でいいかもあんまりかわらないけど)で割ると0.02という驚異的な確率が導き出される。
100件に2本しかない計算となる。
近所のコンビニには当たりが1本もないとかあり得るわけである。
B賞なんてA賞の2分の1となってしまう。
これでは買う気がなくなってしまうと同時に、やはりオクでは高値になるのが予想できる。
応募しない人とかを見越して当たり本数が多く存在するならこの限りでないが、まとめて買っても当たらない可能性大なので、色々な店でちまちま買っていき、当たったらラッキー程度に思った方が損害は少なそうだ。

0

雑記

今朝ジョジョアイスを求めてコンビニにいったが、なかった。
代わりに13日から開始予定のジョジョ×グリコのカードがもらえるやつがはじまってたので、取りあえずお店にあったカード12種類もらえるだけお菓子買ってきた。
2点で1枚もらえるので計24点。
かるじゃがが105円で一番安いけど、10個しか置いてなかったので、他はチョコバーとかで補う。
200円オーバーのもあるけどあれはちょっと高い。カードがほしいだけならお勧めできない。
狙いはもちろんカードそのものではなく、カードの紙袋についている応募券。
ドロリッチはシリアルでゲームに挑戦というシステムだが、こちらはははがきでの応募だ。
250名様にA賞「カードのコンプセット」、B賞「カードアルバム」が当たる。
正直賞品が分かれてる意味がわからない。
250名様にフルコンプとアルバムでよかったんじゃ。
だってたったの250名様ですよ?
両方当てないと意味ないわけですよ。
両方当たるなんてあんまりないと思うんですよ。
なんというかセコイ。
賞品的にドロリッチのピンズセットの方がほしいけど、シリアル応募って完全確率制御されてるし微妙なんですよね。
まぁこの賞品もそこまでほしいものでもないので、もう十分かな。
とりあえずA賞、B賞に6口ずつ応募できるし。
そして本命のアイスがなかったし、今日夜探し求めてみる。
追記
A賞のカードは店で配られてるのと同じっぽいのでB賞狙い一択。
セブンにも置いてあったし金かければカードのコンプは余裕っぽい。
と思ったけど店舗限定カードがあるので簡単ではないかもしれない。
うちの県ミニストップねーし。
そしてアイスが置いてない。
アイスが13日からなのか?

0

雑記


ジョジョ×ドロリッチのキャンペーンですが、現在3口応募で全滅中。
狙いは当然ピンズセット。
なんですでに9本購入している。
あのミルクのやつは若干高いので買わない。
個人的にこの賞品は本命ではないので予算2,3千円使った時点で当たらなければあきらめる。
それに珈琲ゼリー嫌いなんですよ自分。
おそらくセット狙いの人が多いだろうし当選人数からして日割りで1日数人しか当たらない。
期待できない。
深みにはまると本命のアイスの前に資金が尽きてしまう。
外れた報告は見たけど当たった人いるのかなピンズセット。
明日からのアイスは早々に当てたい。
そうじゃないと消化するのがきつい。

0

雑記


テレカと図書カードファイルのレビューです。
この2つはおそらくコレクター人口が多いはずなのですが、ファイルに関していまいち情報が得られないばかりか一番見たいファイリングした状態での画像が見つかりません。
ということで自分で色々試してみることにします。
まず、ファイルを使う大前提として、色紙と同じようにスリーブに入れておきます。
私が使用しているのは「らしんばん」で売ってるテレカ用スリーブです。
100枚200円だったかな?ちょっと忘れましたが、そんなに高くなかったはずです。
専用スリーブなのでサイズはぴったりです。
この状態でファイリングできるものを探していきます。
おそらく名刺ファイルやトレカファイルで代用してる人が多いと思います。
今回紹介するのはナカバヤシCB5072Bです。
こちらは台紙部分がブラックなので見栄えがよく、表裏に1枚ずつ収納しても裏のカードが透けることがないのが良いところです。
特にテレカや図書カードは裏面にイラストがあるわけではないので、カードが透けてしまわないし、表裏でのずれが見えないのはポイント高いです。
カードは横から挿入するタイプですが、スリーブにいれておけばかなりぴったりなので、カードがずれたり遊ぶことはまずありません。
そんなわけでページをめくった時にカードが折れる心配もありません。
今のところ一番しっくりきている収納方法です。
まだまだこれが一番といいきれませんが、ある程度満足はできています。
ちなみにこのファイルは今回紹介したものは120枚タイプですが、240枚タイプもあります。
厚みが気にならない場合や、たくさん収納したい!
という場合は使用感は同じと思うのでそちらにしてみるのもありだと思います。
また他にはバインダー式でCBM4182BNというものもあります。
こちらは追加式でBCR-4N-Nを追加していくことができます。
こちらも黒台紙でポケットのサイズも同じ感じがしますが、まだ購入できていないので詳細は不明です。
購入してみたら追加レビューしたいと思います。
他にも私はこうやってるとか、このファイルいいよとか、お勧めの収納方法があればぜひ教えてください。
以下参考画像です。
カードを120枚近く収納した図
CB5072B-1
スリーブに入れた状態で収納した様子。驚く程ぴったりなのがわかります。
CB5072B-2
ちょうど真ん中のページ。固定式なのでこのようになっています。両面収納で1ページ3枚収納可。
CB5072B-3
ほぼ120枚収納したときの厚みです。ちょうど上と下が平行になる程度の厚みになります。図書カードメインの場合、テレカより薄いのでもう少し薄くなるかもしれません。
CB5072B-4

名刺ホルダー 120名用 ブルー CB5072B 名刺ホルダー 120名用 ブルー CB5072B

ナカバヤシ
売り上げランキング : 137

Amazonで詳しく見る

名刺ホルダー 240名用 ブルー CB5073B 名刺ホルダー 240名用 ブルー CB5073B

ナカバヤシ
売り上げランキング : 363

Amazonで詳しく見る

名刺バインダー(差し替え式) 300名用 ブルー CBM4182BN 名刺バインダー(差し替え式) 300名用 ブルー CBM4182BN

ナカバヤシ
売り上げランキング : 6138

Amazonで詳しく見る

0

雑記


ネットを徘徊したりして得たエヴァ関係の色紙です。
私の永遠の夢であり夢で終わるであろう代物たちです。
まずはこちらエース?周年でのプレです。
応募した記憶がないですが、もしかしたら応募していたかもしれません。
素敵なカラー色紙です。

SFオンラインというwebでプレゼントされた?
ものらしいです。
今とだいぶ絵柄が違います。

エヴァストア2周年でプレゼントされたものです。
松原さんのミサトがGOOD。


序の金曜ロードショーでプレゼントされた本田さんの色紙です。
マリが至高です。

こちらは最近ですね。
破の金曜ロードショーでプレゼントされた本田さんの色紙です。

CUTでプレゼントされた鶴巻さんのアスカです。
この色紙はかなりほしかったです。
cut2010年1月号
こちらもCUTでプレゼントされた本田さんの色紙です。
cut2010年6月号1cut2010年6月号2
こうしてみると結構チャンス自体はあるんですよね。まったく生かせてませんが。
ちなみに私はほしいキャラクターによって描いてほしい方が違います。
個人的希望をいうならば
貞本さんにレイ、鶴巻さんにアスカ、本田さんにマリ、松原さんにミサトがベスト。
過去これらを得るチャンスがあったんですよね。
去年のヤングエースで貞本さんのレイ、CUTで鶴巻さんのアスカ、金ローで本田さんのマリ、エヴァストアで松原さんのミサト。
これらが手に入っていれば・・・
まっこの組み合わせでゲットするなんてもはや宝くじ1等より無理ゲーですね。

0

雑記


今日は色紙のスキャンについて書いてみます。
紹介するのは、Microsoft Image Composite Editorです。
このソフト何かっていうと複数の写真をD&Dすると簡単にパノラマ画像が作れるといソフト。
私はこれで色紙を右と左2度に分けてスキャンして1枚の色紙に仕上げてます。
たぶん家庭用の複合機だとA4より少し大きい程度なので、色紙を一発スキャンはできないと思います。
手間はかかりますが、スキャン専用機を買わずにすみます。
しかし、色紙がはみでることで、スキャナ面から若干浮いてしまって光が均一に当たらず、色が変わってしまいます。
展示室に公開している画像が、左右で色がおかしかったりするのはそのためです。
とはいうもののwebで見る分にはまったく問題ないレベルかと思います。
ちなみに使い方はすごく簡単で、結合したい画像をまとめてD&Dするだけです。
ただ結合する前に色紙の淵(金色の部分)をカットしておかないと結合したときそこだけおかしくなるので、淵をのぞいた部分をトリミングしておきます。
結合後はオートクリップして保存するだけです。
お祭り記録で使ってる、A4オーバーの折り込まれたサイズの大きい切り抜きもこれを使って結合しています。
つなぎ目は全くわからないと思います。
とういことで、色紙を1発スキャンできる機械がないという方はこの方法を試してみてはいかがでしょうか。
手間はかかりますが、新たにスキャナを購入する金は浮きます。
私の場合は金というより、専用スキャナを購入しても、置き場所や電源の確保が難しいのがこの方法を使っている最大の理由です。そもそも複合機を持ってるのにさらにスキャナを買うのにはどうも抵抗がありますし。
ICE

0

雑記


今日はマンション経営の勧誘電話の話です。
全然色紙とは関係ない話ですみません。
以前から数カ月に1度くらいは携帯電話にマンション経営しませんか?
っていう電話がかかってくることがあった。
その内の一人にどうしてこの番号を知ったのか尋ねたところ、そういう情報を売買してる業者から買ったと答えてくれた。
この人はかなりの正直ものだ。
まぁそれはいいとして、そんな業者から個人情報を購入してまでかけてくるような話に乗るわけがない。
どこから漏れたものかわからないけど、個人情報が売買されてるのがそもそも腹だたしい。
そして先日職場にもかかってきた。
相手はセンチュリー21と名乗ったが、どうも検索するとここの勧誘はすごくひどいようだ。
何件かブログ等をみたが、大体手口は同じ。
興味ないといっても話を聞けば絶対興味持つとかいってとにかくしつこい。
こっちは仕事中だっつーの。
どうして職場の情報がこのような輩に漏れたのか不明です。
なんちゃら産業省からデータをもらったとか、もっともらしいことをいってたけど、あり得ないだろう。
そして話の中で御社の他の人にも好評いただいてるとか、他の社員もやってる的な発言をしきりにしてくる。
そして話がとにかくループする。
もうね、これほどうざいと思ったのはほんと久しぶりですよ。
大体そんなうまい話があるならてめーで勝手にやってろって話です。
おしつけなくて結構。
携帯電話なら色々別の対応ができるのですが、職場の電話なんでそういうわけにもいかず、最後は興味ありません、切りますっていって一方的にきってやった。
職場にかけてくるのは本当迷惑な話です。
みなさんのもとにもいつかかってくるともわからない勧誘電話。
特に社会人に多そうですが、気をつけた方がいいですね。
相手のペースにのまれるとマジで来ますよアイツら。

0

雑記


色紙プレ歴が長くなってくると、大好きな作家さんでもあの時の絵柄がよかったとか、あの時のはカラーだったとか、あの時のキャラクターがよかったとか過去のデータと比較してしまうようになる。
そうするとなんかテンション下がってしまう。
当たっても「あの時当たってれば」、とか考えちゃって素直に喜べないような気がする。
ものすごくほしい貞本さんの色紙でも、去年はカラーだったけど、今年はモノクロだったりってのが十分あり得るんですよね。
そう考えると、色紙プレってのはほんと厳しいものです。
作品が終了してしまえば、お気に入りのキャラクター入手は絶望的になってしまいますし。
常にそのとき当てないと後がないかもしれないという。
だから今後これ以上のものは出ないだろうと思われる絵柄やクオリティ、あるいはこれさえ持っていれば的な色紙=S級色紙なんか逃した場合、ダメージも普通の落選に比べてがっくりきてしまうわけですよ。
S級の定義は人それぞれだろうし、いったいどれほどの人間がこれらの色紙に手が届くのかわかりませんが、少なくとも自分はブログ始めたときから無理だろうと思ってたし、2年続けてみて今後も無理だろうなというのを感じます。

0