雑記

ヤングガンガンの色紙プレに関連して、ツイッター上で色紙ブロガーとその取り巻きばっかり当たっているというような発言を見ました。
まぁ実際のところBG、YGなんかは私のフォロワーさんからも相当な報告がでましたからそのように思うのも無理はないと思います。
今日はそのことについて考察してみます。
まず色紙ブロガー及びその周囲の人間ばかり当たっているというのを肯定した場合、次のような理由が考えられると思います。
①複数住所名義を使い分けているため実際に当選率が高い
色紙プレに限らず懸賞を趣味としているような方の中ではかなり使われているやり方です。
実質当選確率は住所名義分だけ増えていき、複数当選もあり得ます。
このやり方は誰もが使えるやり方ではない上に、一人で複数独占されるという印象から妬みの対象となりやすいです。
②複数口応募しているため当選率が高い
①と似たようなものですが、単一の住所名義で複数応募し当選率をあげるというものです。
私の場合このやり方ではあまり成果はあげていませんが、実際やります。
③目の付けどころがシャープ
あくまで個人的な見解ですが、当選してる人の中で看板作家レベルに当選している方はあまり多くないという印象で、その雑誌の中でみると、コアなファンがいる中堅レベルの作家さんが多い印象です。
狙いがいいゆえに当たりやすく、報告も出やすいと考えます。
④単純に運がよい
実は豪運の持ち主だったという単純な理由。
あくまで主観ですが、「よくまぁそれを当てる」みたいな人がいます。
作家さんの人気度もそうですが、プレの難易度なども含みます。
⑤実は色紙プレに応募している人間は我々しかいない
もしかしたら、色紙プレに応募しているような輩は我々しかおらず、結果、色紙ブロガー及びその周囲の人間から当選報告が出やすい。
次に色紙ブロガー及びその周囲の人間ばかり当たっているというのを否定した場合
①錯覚である
私の感覚でいくと通常30枚程度の周年記念プレでは、私の周囲だけに限って言えば大体2~3枚程度報告があがっている感じです。
率でいうと1/10程度です。
つまり9/10もがブログもツイッターもやってない人間(あるいは黙っている人)に当たっていることになります。
当然趣味でやってるような人間は報告することが多く、目立ってしまって当たりまくっているような印象をもたれているだけであるということ。
②マッチポンプである
メリットもないし少し苦しいか。
以上のような理由が思いつきましたが、私個人の考えでいくと肯定の③と④の複合、意外にも⑤、否定の①あたりが有力な気がします。

0

雑記


akibaブログさんにコミックヘヴン編集長の抽選方法に関するコラムがあります。
この規模の雑誌ではまあ妥当な抽選方法ではないでしょうか。
作為的な抽選はないと言っていることから、ぶっちゃけ住所氏名と希望賞品だけ記入されていればアンケは未回答でも当選するということになります。
しかし、この辺りは編集長が変わったり方針が変わったりということがないとはいえないので、とりあえず書いておいた方がいいですね。
そして、一番人気のゲーム機が毎号100~200の応募があるということですが、正直ヘヴンクラスで100倍越えとかだと他誌においてもゲーム機を狙うのがいかに無謀かということです。
ジャンプなんかでゲーム機大量プレやってますけど、人数的にはいけるかも?みたいに思いますがまぁ無理な倍率だと思います。
私の経験でみても雑誌でゲーム機狙うのはあまりお勧めしません。
下手したら応募代金で本体買えてしまうよ。
でも色紙プレの時なんかは色紙に流れるので当たりやすいかもしれませんね。
肝心の色紙ですが50倍~100倍ぐらいのようで、こちらも作家さんによるんでしょうが、難しい数値ですね。
人気誌だともっと増えていくでしょうし。
実際ヘヴンクラスでこの倍率だとSQぐらいの発行部数になるとどうなっちゃんでしょうね。
10倍だとちょっと少ない気がするので100倍ぐらいはあるんでしょうか。
SQぐらいになると1人で複数口もざらなので100倍以上はありそうな気がしますけどね。
そうすると5000倍~100000倍以上?
無理すぎる数値です。100口応募しても外れたというのも納得できる値です。
記事中に第二希望でも普通に当選するみたいなこと書かれていますが、実はこの前の祭りのとき色紙ははずれましたが、Wチャンスでゲームソフトが当選しています。
Wチャンスでゲームソフトっていったいどんだけ人気なかったんだと思ったりしましたが、今回の記事を読んでみて納得しました。
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51379648.html#top

0

雑記

しばらく放置していたアンケートですが、この辺でいったん結果を開示します。
得票数は記事を書いている時点で91票でした。
投票してくださった方はありがとうございます。
では早速結果を見てみましょう。
だいぶ票がばらけたので割と均衡してるのではと思います。
TOP3は
3位 蒼樹うめさん
2位 Na-Gaさん
そして1位は貞本義之さん
でした。
貞本さんのみ2桁獲得でその人気っぷりがわかります。
うめさんはマドまぎ効果でしょうね。
上位は美少女系の人気イラストレーターがひしめきます。
いずれの方も色紙となるとかなり難しいでしょうね。
当然ですが、私はどの方の色紙ももっておりません。

アンケート4

0

雑記

漫画雑誌関係以外にもそのほかの懸賞に応募してる人はいると思うのですが、今日は高額当選品TOP3でも書いてみたいと思います。
たぶん漫画雑誌だとゲーム機とかテレビとかBDレコーダー辺りが一番高い賞品になると思うのですが、漫画専門ブログのくせに漫画誌で当てたことはないです。
第3位 PSP
これはプリンの懸賞で当てました。
当時価格で25000円ぐらいでしょうか。
シリアル懸賞だったのですが、奇跡的に1回で当選しました。
第2位 PS3
PS2と互換性がなくなってからのモデルです。
当時価格で39800円ぐらいだったと思います。
これは亀田製菓の懸賞で当てました。当選人数は50人でした。
そして・・・
第1位は・・・
ジャカジャカジャカジャカジャカジャカ
ジャーン!
第1位 5万円?相当のカタログギフト
すみません。ためるほどのものではありませんでしたね。
5万円のカタログギフトといっても、大体3万円ぐらいの物が多かったです。
なんで実売価格でいくと2位のPS3の方が高額だったりします。
山田電機とパナソニックのコラボ懸賞で、山田電機でパナソニックの携帯電話を購入すると応募葉書がもらえるというもので、当選人数は100人ぐらいだったと思います。
他に高額懸賞っていうと車の懸賞とか、食品会社が製品○周年とかでやる、クイズにもなっていないクイズに答えると100万や50万円当たるやつでしょうか。
あれって当たる気がしませんよね。
いつかこのランキングを覆す品を当てたいものです。
皆さんはどんな高額賞品を当てたことがありますか?

0

雑記


11月以降の祭雑誌をまとめてみました。
やはり年末だけあって数だけはすごいです。
コンプティーク2012年12月号 29周年記念
別冊 ハーモニィ Romance2012年12月号
コミックアンリアル2012年12月号 1弾
電撃大王ジェネシス Vol.6 2013年1月号
ドラゴンマガジン 2013年1月号
シルフ 2013年1月号 1弾
COMIC X-EROS#01 1弾
ASUKA CIEL 2013年 1月号
チャンピオンREDいちご 2013年1月号
ウルトラジャンプ2013年1月号
週刊アスキー増刊 冬のまんが祭り
シルフ 2013年2月号
歴史魂 Vol.10 2013年 1月号
COMIC X-EROS#02
ガンダムエース2013年2月号
月刊 少年シリウス2013年2月号
電撃G’s magazine 2013年2月号
ヤングガンガンNo.01
週刊少年チャンピオン4・5号
電撃萌王 2013年2月号
ジャンプSQ 2013年2月号
今後
電プレ
シルフ第3弾
ゼロス第3弾
歴史魂第2弾
電撃大王
発表予定のある雑誌(関東基準)
コンプティーク2012年12月号の結果
1月10日
シルフ2013年1月号 1弾の結果
1月22日
週刊少年チャンピオン4・5号の結果
1月31日
チャンピオンREDいちご 2013年1月号の結果
2月5日
ウルトラジャンプ2013年1月号の結果
2月19日
シルフ 2013年2月号の結果
2月22日
月刊 少年シリウス2013年2月号の結果
2月25日
ジャンプSQ2013年2月号の結果
3月4日
電撃大王ジェネシス Vol.6 2013年1月号の結果
3月27日
・・・
発表があるのはあんまりありませんね。
で、毎年多少の誤差はあるものの、これぐらいのプレゼントがあるわけですよ。
ぶっちゃけ今回全滅したら4年連続です。(まぁ厳密には全滅じゃなくて2年前の真激の年末の祭りに当たってはいますけど、ミニでしたし、エロ雑誌なんですごーーく微妙なんで、やっぱり一般誌で当てたいですよね)
一人で何個も当たる人がいる一方、こんだけはずしまくってるのって自分ぐらいなんじゃないですかね。
4年もやってたら1つぐらい当たってる人のほうが多いと思います。
いい加減にしてほしいです。
特に今年は電撃20年祭の関係でいつもより大量に放出されているので、これで全部落選した時のショックははかり知れません。

0

雑記


皆さまあけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
今年の目標はいくつかあるのですが、大きな目標の1つとして、ずばりS級色紙1枚当選です。
ブログを初めて3年近くになりますが、いまだに雑記で取り上げた方の色紙が1枚もありません。
すべての作家さんにこの3年間で1度以上のチャンスがあったにも関わらず、結果は惨敗。
今まではわりと枚数を当てることを目標にしていましたが、年々下がる当選数をみるに、今年も昨年以上に苦戦すること確実です。
もはや当たらないのが当たり前。
だったら1枚でもいいのでS級を当てようということです。
ただ、この目標を達成しようにも具体的に何ができるってことでもないので、結局運任せという悲しい現実なんですよね。
できることといったらせいぜいプレを見逃さないように情報収集することぐらいです。
そもそもS認定できるようなプレがあるという保証もないですけど。
とにかく色紙プレは一期一会。
同じ作家さんでもお気に入りの絵柄が今後出る保証など皆無です。
(未練たらたらですけど、昨年のローソンミラは本当に惜しいことをしました。)
S級プレが出た際には全力応募するのみです。
とりあえずは電撃大王で出るであろうよつばとの色紙がほしいかなぁ。
2つ目の目標としてはカラー色紙当選です。
展示室を見るに自分のコレクションはモノクロ率が高いんですよね。
というか、カラー色紙にも応募してるんですが、全然当たらないです。
ブロガーさんの中にはカラー色紙ばっかりな人も多くいて、いつも色鮮やかでいいなぁと思っていたものです。
ということで今年はこの2本の目標で頑張っていきたいと思ってます。

0

雑記


さて、今年もまたまたまたあっという間に時間がすぎさりもうすぐ終わってしまいます。
今年はとにかく大苦戦した年でした。
正直後半のアレが当選してなかったら終わってました。
では早速今年の成果をまとめます。
とはいうものの今年はあまりに結果が出ないため、中盤以降応募数のカウントがかなりいい加減になりまともなデータがありません。
直筆もののみのカウントです。
ちなみに今年発売された雑誌のみのカウントですので、去年発売(応募分)はデータに含んでいません。(ジャイアニズム等)
webや雑誌をひっくるめて応募総数はたぶん200ぐらいだと思います。
直筆当選ものの内訳です。
イラスト色紙2枚
複製イラスト+直筆サイン色紙3枚
声優さん色紙2枚
直筆原画1枚
サイン入りコミック1冊
昨年応募分で今年届いたもの
イラスト色紙1枚(Gian-ism)
直筆ネーム1話分(あすかショー)
複製原画+直筆サイン1枚(あすかショー)
イベントその他(色紙のみカウント)
イラスト色紙6枚
複製イラスト+直筆サイン色紙2枚
声優さん色紙3枚
ゲームクリエーター色紙2枚
バナー関係で見ると、色紙1枚にその他グッズ関係が当選したのでバナー関係は昨年よりも調子が良かったです。
昨年なんて0でしたからね。
一方普通のプレでは本当にイラスト色紙が当選しない年でした。
まさかここまで当たらないとは予想していませんでした。
あんなに応募したのにたったの2枚ですよ。信じられません。
この推移でいくと来年は1か0かですよ。
今年はある程度のデータ取得も兼ねて複数応募(分散方式)を増やしてみたのですが全然成果が出ませんでした。
今年だけの結果でいうならやっぱり1口応募が一番コストパフォーマンスがいいです。
まぁ結果は散々でしたが、分散方式での応募での有意義なデータも得られたので、まぁやってみて後悔はしてません。お金は無駄に使いましたけどね。
そして相変わらずのイベント関係の安定感。
今年は後半にうれしい大物が当選したものの、色紙的には大本命には当たらず、全く満足できる内容ではありませんでした。
私の直筆サイン当選への道には終わりがないということを痛感しました。
せめて雑記にあげてる方の色紙を1枚ぐらい手に入れて終わりたいものです。
来年はどうなるかわかりませんが、プレは応募しないと当たりません。
とにかく応募だけは続けていきます。
が、正直1月2月3月の発表&落選ラッシュに耐えられる自信がありません。
などどなさけない言葉を残しつつ今年はこれで筆を置きます。
それではみなさんよいお年を。

0

雑記


今年も残りわずかということで、
昨年に引き続き今年逃して残念だった色紙をいくつか紹介します。

ローソン×テイルズいのまたむつみさんのミラ色紙

予想外にも突如として出現した、2012年度最もほしかった色紙。
いのまたさんの色紙は今後もチャンスはあるだろうが、カラーでミラな色紙はこれが最後のチャンスだったかもわかりません。
そう思うと突撃しないわけにはいきませんでした。
しかし、シリアル懸賞って時点で踊らされるのはわかってました。
1口でやめるつもりがあまりのほしさに結局前期、中期、後期で一口づつ応募してしまうという暴挙に。
当選者は結局でたのか?
ただ今珈琲絶賛処理中です。
後悔はしていない。


ネムキリニューアル記念の伊藤潤二さんの色紙

伊藤潤二さんは不快になるようなキモイ絵をすごく上手に描かれる方です。
この手のキモグロイ話が大好きな私としては飛びつかないわけにいきませんでした。
しかもイラストもカラーでいい感じで、伊藤潤二さんの色紙プレ自体初めてみました。
雑誌的に狙い目かと思い、若干でも期待していた私が馬鹿でした。
ほしさ自体は上記ミラなんかの色紙と比べるとそこまででもないんですが、この期待していたのがあだとなって残念感を引き立たせてしまいました。
さらに次のチャンスがいつになるかわからないというのが追い打ちをかけます。
余談ですが、ハンターハンターに伊藤潤二さん作品のオマージュがしばしばありますね。
ネムキ7月号リニューアル1
ほかには現在進行形でかなりの確率ではずれるであろう金ローの本田さんとかオトナアニメの吉崎さんとかあるんですが、昨年と同様なんで割愛します。
大本命のものには本当に当たりません。
って〆方が去年と同じなあたり進歩がないですね。
みなさんは何が一番だったでしょうか。
関連記事
今年逃した色紙たち

0

雑記

まぁ感想というほどでもないですが、
ネタバレを含みますので未見の人は飛ばしてください。

0

雑記

昨日はまんがの日だったらしく地元誌新潟日報に漫画特集を組んだ紙面が入ってきました。
描きろしの漫画とかコラボ広告が載っていました。
こちらにトゥギャられてます。
http://togetter.com/li/401140
紙面の中には漫画家から新潟日報へ送られた色紙画像が載っているのですが、中でも和月先生の色紙が個人的にはすごかったので紹介します。
それがこちら

フルカラーでとんでもクオリティです。
・・・ほしい。
この色紙は後日展示されるそうですがどこで展示されるのかよくわかりません。
今週のがたふぇすか?

0