雑記


私の色紙当選品を見るとわかりますが、ほとんどが単発的なプレゼントで当選したものがほとんどで、祭系で当選したものは数えるほどしかありません。
私だけの結果をもとにして言えば単発プレは案外当たって、祭りは当たらないってことです。
本日はその理由を考察してみます。
その1
単発プレだと「ちょっとほしいかな」程度だと買ってまで応募する人は少ない。
ゆえに倍率はあまり高くならない。
その2
祭りの場合なぜか興味のない作品であっても絵柄が奇麗なら複数買いして応募してしまう人がいる。
いい方を変えると、祭りの時は単発プレなら応募してないだろう作品にも応募してしまう人がいる。
ゆえに祭りの場合、一見すると当たりそうな作品でも高倍率になり中々当たらない。
その3
単発プレだとよほどの作家さんでないと好きな人だけ応募するから、一見倍率は高そうだが実はそうではないということ。
つまりその2と絡めて
祭りのあまり知名度のない作品>単発プレのそれなりの色紙
という逆転現象が起こっているのではないかという予想。
たぶん人によっては祭りばっかり当たってるっていう人もいるかもしれないので、人によって印象は違うかもしれません。
これはあくまでも自分自身の結果から導きだされた主観であって、あてになるものではありません。

0

雑記

ちょっと前に2口分応募したのに1つしか届かなかったとつぶやいたけど、結局1口分しか届きませんでした。
ちなみに同一住所名義で同じ作品に2口応募しました。
この手の全員プレゼント系は住所が同じだろうと名義が同じだろうと2口応募すれば、2つ分もらえると思ったんですがね。
確か注意書きとかにもそのような記述はなかったと思います。
応募する段階からもしかしたら1つしか届かないんじゃないかと思っていたのですが、嫌な予想は的中し結局1つ分しか届きませんでした。
物自体は大したものでもないのでいちいち問い合わせるのも面倒なんでそんなことはしませんが、角川に対する評価は下がりました。
同様のキャンペーンがあるようなら気をつけた方がいいです。
作品を変えて2通応募してたらちゃんと2作品分届いていたのかどうか気になります。

0