雑記

純愛果実2011年1月号にて当選した小路あゆむさんのサイン色紙ですが、本人様にメールで連絡を取ったところ返答をいただきました。
結論からいくとやはり印刷とのことでした。
ただ、編集部の方が印刷したのではなく、小路さん本人が印刷して貼りつけたとのことでした。
小路さん本人も色紙=直筆と思ってたのですが、担当の方からPCで描いて印刷したもので結構ですと言われて、商業誌が初めてだったこともあり、担当の指示に従った方がいいという判断でこの形になったようです。
以降の小路さんの色紙はすべてこの形になってるそうです。
純愛果実本誌の方では直筆サインとなっているのに、印刷のものが混じっていたのは残念ですが、謎がとけてすっきりしました。
新人作家さんの場合、今回のように印刷ものかもしれないので応募の際は注意が必要そうです。
にしもて「○○さんの色紙は印刷です」とかの注意書きぐらいほしいなと思いました。
やはり直筆と印刷では全然違いますからね。
関連記事
純愛果実2011年1月号 アンケートプレゼント当選
小路あゆむさんサイン色紙

0

雑記

暁WORKS-響-様より6月24日発売のLOVELY×CATIONです。
書こう書こうと思ってると気がつくと終わっちゃったりするんですが、なんとか間に合いました。
ヒロインの紹介やらは公式で見ていただくとして、まずはシステム的な話から。
○ラブリーコールシステム
これは用意されたネームリストからヒロインが名前を呼んでくれるというものです。
個人的にはリスト不足かなと思います。
いやぁ~これは自分の名前がないから特にそう感じるんですけどね。
スーパーありきたりな名前なのに。
コンシューマと比較するのもなんですが、ラブプラスなんかと比べると少ないと感じます。
しかしたいていの名前は初め2文字で対応できてるかと思います。
それから名前を呼んでくれるのは大体が会話の初めなんですよね(というか自分が確認したのは全部会話の頭)。
このゲームに限った話じゃないですが、個人的には会話の間で名前呼んでくれたらすごいんだけどなぁ。
たとえば「○○なんだけど、○○くんはどう思う?」とか。
これやっちゃうとたぶん名前の部分の強弱が前後と違ってしまい、違和感ある感じになっちゃうんでしょう。
○趣味同調システム
ヒロインとの会話の中で好きなものとかのキーワードがでてくるので、自由行動のときにそれらを購入しておくと、会話が弾みます。
自由行動で得たステータスやアイテムはステータス画面で確認できます。
ステータスによるHシーンボーナスもあります。
次は内容です。
さえない主人公ががんばって彼女作るお話です。
それだけかよっ!
いや、でもね。
いうのは簡単だけどすごいがんばってるんですよね。すごく伝わってきますよ。がんばってる感が。
内容はあんまり語ることがないので次はHシーンです(ぉぃ
体験版では各ヒロイン1つずつ見ることができます。
つーかね。エロいよ。
日常パートとのすごいギャップを感じます。
ヒロインによっちゃあ結構糞まじめなお話もしたりするわけですよ。
それがまぁHシーンだとあんなことやこんなことになっちゃうわけです。
大体ね。セリフがエロいんですよ。けしからんね(いいぞもっとやれ)。
その辺はぜひご自分の目で体感せよ!!
ということでめちゃめちゃ簡単ですが、以上で体験版レビュー終了です。
『LOVELY×CATION』を応援しています!

LOVELY×CATION 初回版
定価:¥ 9,240
新品最安価格:19%OFF ¥ 7,477 (1店出品)
発売日:2011-06-24
メーカー:暁WORKS-響-
by amazon通販最速検索 at 2011/05/22

ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログへ

0

雑記

最近思ったんですが、当選履歴を見ると同じ雑誌での当選がまったくありません。
このままいくと競争率とは関係なく年々あたらなくなっていく事になります。
以前雑記で雑誌の懸賞は一度当たったら応募しない方が良いという記事を書きましたが、単純にあたってないだけなのか、それともこの記事のごとくはじかれているのか判断がつきません。
QUOカードや図書カードなど当選人数が多いのは同じ雑誌でも結構短いスパンでもあたるんですけどね。
こと色紙に関してはぜんぜんです。
前回当選から1年以上たつビーストはだいぶ力入れたんですが、無駄だったようです。
不安を払拭するためにも同じ雑誌での当選がほしいと思う今日この頃です。

0