どのぐらい応募すべきか?


1つの懸賞に対して何通応募するか考えてみる。
当然2口3口と応募する場合、応募券制度がほとんどなので、
それだけの購入が必要になってくる。
当然複数口応募すれば確率も高くなると思われるが、基本
的には本気でほしいもの以外は1口応募のスタンスでいくつもり。
理由1
基本的にケチなんで金をかけたくない
理由2
売れてる雑誌や人気の作家の場合、応募総数が数万通とかは普通にいくと考えられる。
その中で10通だしたところで確率は数千分の1にしかならない。数千分の1になったところで当たる気がしない。
理由3
1口で当たることもあれば、10口でも当たらないことがある。(経験談ではありませんが)
とりあえず今年はこれでやってみて、1つも当たらないようなら複数口も視野に入れたいと思う。
とはいいつつもブログをはじめる前もちょくちょく応募したことはあったのですが、当たったことないですからね。そんなんだから当たらないのかもしれない。
それよりもブログを続けられるかそっちが問題だ。
適度に当たってくれればテンション維持できるんだけど・・・

0

雑記

Posted by igniz